肌診断で皮脂不足と言われたら?オイルを足すべきかどうか?

デパート1階のコスメカウンターで肌診断をしてくれるブランドは多いです。

  • 肌水分量
  • キメの細かさ
  • 油分量

この3つが診断されるのが基本です。

もちろん、オイル分を補うようなコスメが案内されます。ですが基本的にオイル美容液は案内されません。

というのは、基礎化粧品ブランドの中でオイルだけの美容液はあまりラインアップされていないからです。

ではそれで足りるのかというと、基本的には大丈夫です。

ただもっと言うと、そのブランドの製品でないといけないこともありません。

私達の1日の皮脂分泌量は1~2gしかありません。それが足りていないのですから、足すべきなのは0.5gとかせいぜいその程度です。皮脂不足の人でもカラッカラなわけではないので。

もしあなたが、今までクリームを使っていないならクリームで仕上げるのがおすすめ。

なぜなら、基礎化粧品というのは基本的に中身はほぼ一緒。違いは水分と油分の量がどれだけ違うか?という点だけです。この点でクリームは最も油分が多いので、クリームを足すことでちょうどよく皮脂不足を補えます。

ただあなたが40代以上の女性ならオイル美容液の価値も検討しないといけません。

例えばHABAというスクワランブランドがありますが、TVCMやポスターで見かけるのは女優の萬田久子さんです。当然40代、というか50代以上なのですが、彼女を起用しているようにこの年代は皮脂不足が起きやすいのです。

普段からきっちりと基礎化粧品を使っているのにも関わらず皮脂不足になっている。だからスクワランを足しましょうとなっています。

スクワラン以外でも構いませんが、オイル美容液に高額な費用をかける必要はありません。本当に皮脂不足なら安いオイルで構いません。ただやすいと言っても不純物が入っているようなものはだめ。その点でHABAは安心、かつ安くて人気なのです。

逆にあなたが20代、30代ならオイル美容液は使わないほうがいいでしょう。

普通に基礎化粧品だけで対応できます。

特に若い間はニキビを恐れてオイルフリーや乳液仕上げの女性が多いです。ですが30代に入ると次第に皮脂不足になってきます。基礎化粧品の習慣は急に変わらないので、余計に皮脂不足を感じやすくなります。

肌診断をきっかけに基礎化粧品そのものを見直したほうがいいかもしれません。変にオイル美容液を足すと皮脂過剰になる可能性もあるからです。

ただ皮脂不足のためにデパコスまで出資するべきかどうかというと微妙かもしれませんね。掲載しているアンケート結果を見ても、肌診断結果先のブランドに乗り換えたという人は少ないようですよ?